レオ・インピーダンス測定

レオ・インピーダンス測定は、バッテリー電極スラリー、エマルジョン、塗料、コーティングなどの復号流体の微細構造について強力な洞察を提供します。誘電性インピーダンス法とDHRのレオロジー測定を組み合わせることで、せん断による試料の微細構造変化を、混合、保管、コーティングなどの工程関連の条件下で特性化することができます。

Candidate selection

候補選択後の調合の最適化

新薬の開発は、薬の候補物質の発見から承認、製品として上市されるまでの、長期にわたる複雑なプロセスです。以下にご説明する医薬品開発プロセスの各ステップには、承認された医薬品成分に適合するヒット候補化合物の選択範囲を絞ることを目指す具体的な目標があります。

マイクロカロリメトリーの歴史

18世紀、多くの科学者が熱の性質について研究を行いました。アイザック・ニュートンは、熱は粒子の振動によって伝達されるものと考え、ロバート・フックは、熱は物体の特性であり、各部位の動きから生じると考えました1 。しかし、熱の測定の歴史に寄与した最初の著名な科学者はスコットランドの物理学者・化学者であるジョン・ブラックでした1 。1761年、彼は正確な測定方法を使って、氷の融点または水の沸点に熱をかけても、温度が変化しないことを発見しました1。 この観察結果により彼は、後の熱力学概念の発端となった、温度と熱とを識別することに成功した最初の科学者となります。

electrode slurries

レオロジーを活用してバッテリー電極用スラリーの挙動を最適化する方法

軽量ノートパソコンから電気自動車の長距離運転まで、無数の用途においてリチウムイオン電池のエネルギー密度と性能を高めることが求められています。バッテリー電極はこれらのバッテリー機能に直接影響するため、技術を次のレベルに促進させようとしているバッテリー研究者は電極とその構成要素に特別な関心があります。バッテリー電極用スラリーの処理はまた、製造工程の重要なステップであるため、効率を向上させながらコストを削減させる重要な機会を与えます。