ウェビナー アプリケーションソリューション お問い合わせ

次世代の治療法を進歩させるには、信頼できる測定が必要です

製薬業界では、化学的に合成された医薬品からバイオ医薬品へのシフトが顕著になっています。バイオ医薬品は、低分子医薬品とは異なり、生物に由来する、またはバイオテクノロジーによって製造された様々な治療製品(ワクチン、遺伝子治療、および組換えタンパク質)が含まれます。

バイオ医薬品の特性評価は、その基本的な化学的詳細を理解するために、様々な技術によって実施されます:
    • 分子間結合の親和性、特異性、および化学量論(比率)
    • 構造の安定性、および溶媒環境の安定性。

TAインスツルメントの等温滴定熱量計 (ITC)、および示差走査熱量計 (DSC)は、バイオ治療薬の結合と生体分子の安定性を高解像度の詳細を提供できる優れた分析技術です。ITCによって明らかにされる熱力学的結合シグネチャーは、結合イベントの強度、特異性、および化学量論を特徴づけます。DSCによる構造安定性評価から、高次構造の強度と脆弱性が分かり、各ドメインの挙動と相互作用を確定することができます。TAインスツルメントのAffinity ITCおよびNano DSCは、生体分子研究において最も要求が厳しいアプリケーションに必要な信頼性と使いやすさを提供し、無人の自動化機能を拡張する利便性を備えています。

アプリケーションソリューション

ワクチン療法は、物質または物質群を使用して、腫瘍または感染症を破壊する治療法です。ウイルスのタンパク質または核酸が自己組織化して安定した粒子を形成する仕組みと、ウイルスが宿主細胞に結合して侵入する仕組みは、ウイルス感染の基本を理解する上で重要なポイントです。溶液中のウイルスのコートタンパク質の熱安定性と、それに対応する高度に構造化されたウイルスタンパク質のシェルの安定性は、Nano DSCによって最も効果的に評価できます。一方、ウイルス/細胞の結合プロセスを駆動する分子間相互作用に関する基本情報は、ITCを用いて結合時に発生する熱または吸収する熱を測定することによって得られます。

Affinity ITC
  • ウイルス結合
  • 細胞結合
  • オフターゲット相互作用

親和性範囲: 低mMから低pM
自動化:96ウェルプレート互換性

Nano DSC
  • タンパク質のアンフォールディング
  • 核酸の溶融/アニーリング
  • カプシド安定性

温度範囲: -10 ℃~130℃
自動化:96ウェルプレート互換性

遺伝子治療は、遺伝子の発現を操作したり、生細胞の生物学的特性を変化させことで、病気を治療または治癒できます。以下のいくつかのメカニズムによって作用することがあります:病気の原因となる遺伝子を健康なコピーへの置き換え、異常な働きをする遺伝子の不活性化、病気の治療に役立つ新しい遺伝子や改変された遺伝子の導入など。Nano DSCおよびAffinity ITCは、様々な種類の遺伝子治療製品の探索、処方、プロセス制御に導入され、薬剤のカーゴローディング、血清型、不純物(dsRNA)、結合特異性、カプシド安定性、およびバッチ間変動の特性評価およびモニターに使用されています。

Affinity ITC
  • 薬物-ターゲットの結合および特異性
  • オフターゲット相互作用

親和性範囲: 低mMから低pM
自動化:96ウェルプレート互換性

Nano DSC
  • 薬物負荷
  • 血清型
  • LNP安定性

温度範囲: -10 ℃~130℃
自動化:96ウェルプレート互換性

組換えタンパク質医薬品(酵素、サイトカイン、成長因子、ホルモン、受容体、転写因子、抗体、抗体フラグメントなど)は、新しい治療を必要とする患者に提供される重要な治療法のひとつです。組換えタンパク質治療薬は、癌、自己免疫疾患、感染性病原体への曝露、遺伝性疾患の治療用に開発されています。

組換えタンパク質療法は、タンパク質をコード化した特定のDNA配列を生細胞(細菌または哺乳類)に挿入する組換えDNA技術によって造られます。その後、タンパク質はこれらの細胞で発現され、一連の精製工程を経てタンパク質を抽出されます。モノクローナル抗体など多くのバイオ医薬品は、組換えタンパク質の治療法です。

Nano DSCおよびAffinity ITCを用いた熱力学的測定による組換えタンパク質の特性評価により、研究者は外来化学物質(色素、タグ、またはラベル)を必要とせずに、安定製剤および人工的な構築物を迅速に選択するためのネイティブ測定が可能です。、そのため、研究者は手元のバッファを用いて分子を理解できます。

Affinity ITC
  • 結合親和性
  • 結合熱力学
  • 化学量論

親和性範囲: 低mMから低pM
自動化:96ウェルプレート互換性

Nano DSC
  • タンパク質の安定性
  • 位相転移
  • 比熱容量
  • アンフォールディングの熱力学

温度範囲: -10 ℃~130℃
自動化:96ウェルプレート互換性

ワクチン治療

ワクチン療法は、物質または物質群を使用して、腫瘍または感染症を破壊する治療法です。ウイルスのタンパク質または核酸が自己組織化して安定した粒子を形成する仕組みと、ウイルスが宿主細胞に結合して侵入する仕組みは、ウイルス感染の基本を理解する上で重要なポイントです。溶液中のウイルスのコートタンパク質の熱安定性と、それに対応する高度に構造化されたウイルスタンパク質のシェルの安定性は、Nano DSCによって最も効果的に評価できます。一方、ウイルス/細胞の結合プロセスを駆動する分子間相互作用に関する基本情報は、ITCを用いて結合時に発生する熱または吸収する熱を測定することによって得られます。

Affinity ITC
  • ウイルス結合
  • 細胞結合
  • オフターゲット相互作用

親和性範囲: 低mMから低pM
自動化:96ウェルプレート互換性

Nano DSC
  • タンパク質のアンフォールディング
  • 核酸の溶融/アニーリング
  • カプシド安定性

温度範囲: -10 ℃~130℃
自動化:96ウェルプレート互換性

遺伝子治療

遺伝子治療は、遺伝子の発現を操作したり、生細胞の生物学的特性を変化させことで、病気を治療または治癒できます。以下のいくつかのメカニズムによって作用することがあります:病気の原因となる遺伝子を健康なコピーへの置き換え、異常な働きをする遺伝子の不活性化、病気の治療に役立つ新しい遺伝子や改変された遺伝子の導入など。Nano DSCおよびAffinity ITCは、様々な種類の遺伝子治療製品の探索、処方、プロセス制御に導入され、薬剤のカーゴローディング、血清型、不純物(dsRNA)、結合特異性、カプシド安定性、およびバッチ間変動の特性評価およびモニターに使用されています。

Affinity ITC
  • 薬物-ターゲットの結合および特異性
  • オフターゲット相互作用

親和性範囲: 低mMから低pM
自動化:96ウェルプレート互換性

Nano DSC
  • 薬物負荷
  • 血清型
  • LNP安定性

温度範囲: -10 ℃~130℃
自動化:96ウェルプレート互換性

組換えタンパク質

組換えタンパク質医薬品(酵素、サイトカイン、成長因子、ホルモン、受容体、転写因子、抗体、抗体フラグメントなど)は、新しい治療を必要とする患者に提供される重要な治療法のひとつです。組換えタンパク質治療薬は、癌、自己免疫疾患、感染性病原体への曝露、遺伝性疾患の治療用に開発されています。

組換えタンパク質療法は、タンパク質をコード化した特定のDNA配列を生細胞(細菌または哺乳類)に挿入する組換えDNA技術によって造られます。その後、タンパク質はこれらの細胞で発現され、一連の精製工程を経てタンパク質を抽出されます。モノクローナル抗体など多くのバイオ医薬品は、組換えタンパク質の治療法です。

Nano DSCおよびAffinity ITCを用いた熱力学的測定による組換えタンパク質の特性評価により、研究者は外来化学物質(色素、タグ、またはラベル)を必要とせずに、安定製剤および人工的な構築物を迅速に選択するためのネイティブ測定が可能です。、そのため、研究者は手元のバッファを用いて分子を理解できます。

Affinity ITC
  • 結合親和性
  • 結合熱力学
  • 化学量論

親和性範囲: 低mMから低pM
自動化:96ウェルプレート互換性

Nano DSC
  • タンパク質の安定性
  • 位相転移
  • 比熱容量
  • アンフォールディングの熱力学

温度範囲: -10 ℃~130℃
自動化:96ウェルプレート互換性

ウェビナー

ブログ

お問い合わせ