カルボキシメチルセルロース粉体の粘着強度に対する水分の影響

粉体の加工可能性は、粘着強度やフローファンクションなどの要因に依存します。粉体レオロジーを使用するとこういった特性が評価でき、ホッパー設計、流量選択、品質管理に役立ちます。カルボキシメチルセルロース粉体は、さまざまな用途で使用される吸湿材です。

「自動トリミングアクセサリ」 (Auto-Trim)

DHR用の自動トリミングアクセサリは、サンプル加熱およびトリミング処理を自動化することにより、溶融ポリマーレオロジーを簡素化します。ユーザーは単にアクセサリを取り付け、サンプルを載せ、開始ボタンを押すだけで、試験中に炉を開けてサンプルを手動でトリミングすることなく実験を完了まで実行することができます。

Polymer Melt Rheology Workflow Automation: Auto-Trim Accessory for Discovery Hybrid Rheometers

Discovery Hybrid Rheometers用の自動トリミングアクセサリーは、高分子溶融体レオロジー試験において溶融、ギャップの設定、そして重要なサンプルトリミングステップを自動化します。このステップを自動化することで、データの一貫性が5倍も向上し、連続離席時間を80%増加させ、新操作者のトレーニング時間を30分未満に短縮します。このセットアップでは、操作者が試料を乗せ、オーブンを閉じ、「スタート」を押すだけで、高品質の高分子溶融体レオロジーデータが生成されます。