レオ・インピーダンス測定

レオ・インピーダンス測定は、バッテリー電極スラリー、エマルジョン、塗料、コーティングなどの復号流体の微細構造について強力な洞察を提供します。誘電性インピーダンス法とDHRのレオロジー測定を組み合わせることで、せん断による試料の微細構造変化を、混合、保管、コーティングなどの工程関連の条件下で特性化することができます。

Details

How to Assess Binding in Drug Discovery

The most popular tool used to characterize binding in the late-discovery phase of drug development is isothermal titration calorimetry (ITC). ITC is a high-resolution method for complete characterization of the basic chemical details of a binding interaction. The calorimeters accomplish this by measuring the heat that is released or absorbed when molecules interact with each other.

Details

マイクロカロリメトリーの歴史

18世紀、多くの科学者が熱の性質について研究を行いました。アイザック・ニュートンは、熱は粒子の振動によって伝達されるものと考え、ロバート・フックは、熱は物体の特性であり、各部位の動きから生じると考えました1 。しかし、熱の測定の歴史に寄与した最初の著名な科学者はスコットランドの物理学者・化学者であるジョン・ブラックでした1 。1761年、彼は正確な測定方法を使って、氷の融点または水の沸点に熱をかけても、温度が変化しないことを発見しました1。 この観察結果により彼は、後の熱力学概念の発端となった、温度と熱とを識別することに成功した最初の科学者となります。

Details