Academic Advantage

アカデミックプラン

TAは優れた研究者である皆様のパートナーです

アカデミックプランの目的は、TA Instrumentsの高性能装置を学術機関で広くご利用いただけるようにすることです。このプランは、新素材や新しいアプリケーションの開発、出版活動に携わる研究者、そして将来業界を担う優秀な大学院生を支援します。TA Instrumentsの革新的なテクノロジーをご覧ください:

研究中の材料について、知りたい情報はなんですか?

各技術の詳細をクリックすると、測定により得られるパラメーターが表示されます:

融点


ガラス転移


結晶化度

粘度


流動特性


せん断特性

結合親和性


タンパク質アンフォールディング


薬物安定性

弾性率


応力・疲労


結晶化度

熱分析

特別価格の熱分析装置で研究予算を最大限に活用

AMG-Instrument-Image

熱分析装置とアプリケーション

Adhesives & Sealants
Adhesives & Sealants
Aerospace
Aerospace
Automotive
Automotive
Battery Testing
Battery Testing
Cement
Cement
Ceramics
Ceramics
Composites
Composites
Electronics
Electronics
Energy
Energy
Inorganic Compounds
Inorganic Compounds
Pharmaceuticals
Pharmaceuticals
Polymers
Polymers

Discovery DSCは、材料の温度変化に伴う熱の流れを測定する先端技術のプラットフォームです。TA Instruments独自のTzero™熱流技術は、試験前後の煩雑な計算や補正を一切必要とせず、最も安定したベースラインを提供し、最高の感度と解像度を実現します。オペレーターに依らず、どの測定データにも自信を持てます!

弊社のDSCの特徴:
  • 統合されたタッチスクリーンにより、試験手順の設定と機器の操作が直感的に行えます。
  • Tzero™技術により熱容量を直接測定することで、Modulated DSC®による実験がより速く、正確になり、複雑な熱事象を効率的に分離することができます。
  • カスタマイズ可能な校正ルーチンは、多くの研究機器で必要とされる柔軟性を提供します。
  • オートサンプラー、フォトカロリメーター、顕微鏡、その他のオプションを取り付けることが可能なため、Discovery DSC は日々変化する研究室のニーズに対応する理想的な選択肢です。
得られるパラメーター:

ガラス転移、融点、結晶化、相転移、熱容量、硬化速度論、酸化誘導時間、酸化安定性

Discovery TGA Seriesは、重量変化と重量変化率を、温度、時間、雰囲気の関数として提供します。最高の温度制御能、最小のドリフト量で構成されているTGA 5500は、最高レベルの性能と機能を求める研究者向けに設計されています。オプションによりTGA 550は優れた性能および柔軟性を付与することができ、研究所やマルチユーザー環境である研究室にとって理想的な選択肢となります。
弊社のTGAの特徴:
  • 最上位機種に搭載されたTru-Mass™ Balanceは、最も安定したベースラインを提供し、わずかな重量変化を最高の精度で検出することができます。
  • 真空気密性の高いTGAの優れた雰囲気制御能は、ガスの切り替え・混合の制御により、汚染除去なしで最大4種類のガスの注入量を調節可能です。
  • 統合されたタッチスクリーンにより操作が容易になり、重要な機能がすぐに使えます。
  • GC-MS、 FTIR、MSを含め、追加技術を連結することで、より詳細なサンプル情報が得られます。
  • オプション機能には、 Hi-Res™ TGA、MTGA™、DTA信号、25ポジションオートサンプラーが含まれます。
得られるパラメーター:

重量変化温度、重量変化量、分解温度、分解速度論、揮発、材料組成分析、酸化安定性、残留物

Figure 1. Discovery 5500 TGA
Discovery SDT 650は、2つのクラス最高の技術を1つに集約しています。材料の熱流量と重量を同時測定することにより、時間と実験台のスペースを節約し、サンプルの組成と反応性に関する情報を提供します。
弊社の SDTの特徴:
  • 統合されたタッチスクリーンはナビゲートが直感的で、重要な機能がすぐに使えます。。
  • 熱電対を統合した水平のデュアルビーム熱バランスは、交換が簡単で、サンプル温度、基準温度、差温の直接測定が可能です。
  • 優れた雰囲気制御能に基づく高い真空気密性により、最大4種類のガスを注入可能になり、幅広い範囲のアプリケーション試験に対応することができます。
  • 温度変調測定により、一度の測定で直接熱容量を測定し、活性化エネルギーをリアルタイムで計算することができます。
得られるパラメーター:

相転移、融点、結晶化、熱容量、分解温度、分解速度論学、揮発、残留物、熱安定性および酸化安定性

圖 1:TA Instruments SDT 在高溫下進行同步 DSC 與 TGA 測量
Discovery TMA 450は、材料の寸法変化に関する正確で信頼性の高い測定値を、制御された雰囲気下での時間、温度、力の関数として出力します。高度な分析およびルーチンワークのどちらでも、TMA 450は信頼のおける高品質データを提供し、研究を促進させます。
弊社のTMAの特徴:
  • 統合されたタッチスクリーンは直感的に、重要な機能がすぐに使えます。
  • 非接触式、摩擦レスモーターにより、超軟質ゴム材料から、高密度または硬質の複合材やプラスチックまで、あらゆる材料が試験可能です。
  • 多様なアタッチメントにより、材料の曲げ試験、繰り返し曲げ試験、押しひろげ試験、引張試験を行い、必要な情報を得ることができます。
  • 高度な試験モードを活用することでTMAの性能が最大限発揮され、材料の機械的挙動についてさらに価値ある情報を提供します。
得られるパラメーター:

熱膨張係数(CTE)、サンプルの膨張と収縮、軟化点、ガラス転移温度、層間剝離

Discovery DMA 850は業界のベストセラーとなっているDMA装置であり、幅広い温度範囲にわたって正確かつ再現性のある応力測定ができることで知られています。DMA 850では、サンプル応答の粘性(流体)成分と、それに対する弾性(ばね様)成分を定量でき、これらのデータは信頼に足る粘弾性物性の評価に不可欠です。
弊社のDMAの特徴:

  • 固定が容易なクランプにより、幅広い種類のサンプルを取り扱うことができます。
  • オートレンジ決定機能により、開始条件の推定作業が不要となり、力と変位を自動的に維持することで、常に優れたデータを取得できます。
  • DirectStrain™は、素早く変化する材料や高周波数下の軟質標本などの難しいアプリケーションに対して、リアルタイムのひずみ制御を提供し、迅速かつ正確な測定を可能にします。
  • 統合されたタッチスクリーンにより、直感的に操作でき、重要な機能をすぐに使用することができます。

得られるパラメーター:
粘弾性(貯蔵弾性率、損失弾性率、損失正接)、ガラス転移温度(Tg)、時間温度重ね合せ(TTS)、二次遷移、弾性率、クリープおよびクリープコンプライアンス、応力緩和、収縮および収縮力

レオロジー

特別価格のレオメーターで研究予算を最大限に活用

レオメーターとアプリケーション

Adhesives & Sealants
Adhesives & Sealants
Asphalt Testing
Asphalt Testing
Battery Testing
Battery Testing
Food Testing
Food Testing
Composites
Composites
Elastomers
Elastomers
Electronics
Electronics
Paints, Inks & Coatings
Paints, Inks & Coatings
Cosmetics & Personal Care
Cosmetics & Personal Care
Pharmaceuticals
Pharmaceuticals
Polymers
Polymers

HR 20は特別な多目的レオメーターであって、画期的な研究から共有研究室内での厳密な試験まで、幅広く対応可能です。多様な測定アクセサリが研究の現在および将来のニーズに合わせて、即時に構成を更新することが可能です。

  • 50以上のSmartSwap™ 環境システムとアクセサリの交換と自動校正を、ユーザーは10分未満で実施することができます。
  • 簡易化したユーザーインターフェースとソフトウェアは直感的で、あらゆる技術レベルのユーザーが材料特性を評価できるようになっています。
  • データ収集の優れた精度と正確度が、皆様の研究を次のレベルに引き上げます。

得られるパラメーター:
粘性、降伏応力、チキソトロピー、硬化、弾性率(G’、G” G*)、動的機械分析(E’、 E”、 E*)、減衰係数(損失正接)、ガラス転移、準大気遷移、応力緩和、クリープ回復

HR 30は、最高レベルの測定感度と測定精度を併せ持つことで、材料科学の一層の前進をサポートする最高の研究用レオメーターです。TAの独自技術の進歩により、貴重な材料を無駄にすることなく、低い粘性、弱い構造を持つ流体や軟らかい固体構造を持つサンプルを測定することが可能です。

  • SmartSwap™ 技術により温度システムとアクセサリの交換が10分未満で容易に行うことができ、皆様の研究室の現在と将来の成功をサポートします。
  • 線形動的機械分析(DMA測定)機能(E’、 E”、 E*)により、1台で2台分の装置の機能を発揮し、ユーザーが固体材料の機械試験で新たな可能性を探ることが可能です。
  • TA独自の磁気ベアリングが、正確かつ低応力での測定に求められる業界最先端のトルク感度を提供します。

得られるパラメーター:
粘性、降伏応力、チキソトロピー、硬化、弾性率(G’、G” G*)、減衰係数(損失正接)、ガラス転移、準大気転移、応力緩和、クリープ回復

ARES-G2は、幅広い条件下で最も正確なレオロジーデータを提供する最高級の高性能回転式レオメーターです。この装置は、最先端の研究室で、様々な材料に関する問題を解決し、最終的な材料物性を決定づけに広く使用されています。

  • 専用のモーターとトランスデューサー技術を持つ唯一のレオメーターであり、慣性の影響を排除し、正確なレオロジーデータを提供します。
  • 迅速かつ正確な温度制御により、評価したいプロセスおよび最終使用条件を再現します。
  • 容易に交換可能なアクセサリには、固体材料試験用の、完全に統合されたDMA(動的機械分析)(E’、 E”、 E*)測定が含まれています。

得られるパラメーター:
粘性、降伏応力、チキソトロピー、硬化、弾性率(G’、G” G*)、減衰係数(損失正接)、ガラス転移、準大気転移、応力緩和、クリープ回復

マイクロカロリーメーター

特別価格のマイクロカロリーメーターで研究予算を最大限に活用

マイクロカロリーメーターとアプリケーション

Circle-application-Agriculture
Agriculture
Battery Testing
Battery Testing
Biomaterials
Biomaterials
Biopharmaceuticals
Biopharmaceuticals
Circle-application-Organic Chemicals
Organic Chemicals
Pharmaceuticals
Pharmaceuticals

Nano DSCは、生体分子を含む液体サンプルやバイオ医薬品サンプルの熱安定性を定量するための、高感度示差走査熱量計です。アンフォールディングと変性に起因する反応熱から、サンプルの構造安定性を容易に特徴付けできます。

  • 少量のサンプル量(わずか2マイクログラムのタンパク質!)で再現性良く、かつ高感度な測定ができるため、貴重な材料が無駄になりません。
  • タグや標識なしでサンプルを特徴付けできるため、セットアップが簡単になり、エラーが削減します。
  • 96-wellの温度制御付きプレートが使用可能なオプションであるオートサンプラーとサンプルの自動ロードにより、正確かつ、無人での試験が可能になります。
  • 自動クリーニングにより、サンプルのキャリーオーバー効果が除去され、いつでも正確な測定が実施できます。

得られるパラメーター: 熱安定性、構造安定性、融解温度、エンタルピー、熱容量変化、変性、タンパク質アンフォールディング、核酸融解/アニーリング、カプシド安定性、血清タイプ、LNP安定性、相転移、アンフォールディングの熱力学

Affinity ITCは、生物分子相互作用を分析するための、迅速、高精度、非破壊性のツールです。サンプルの自然な状態での重要な分子結合の構造の詳細を容易に定量化 – 色素、タグ、標識で修飾する必要はありません!

  • 信頼できる高性能なハードウェアのポジショニング機能により、特に経験不足のユーザーで起こる、シリンジの破壊や曲げのリスクを削減します!
  • 高精度な滴定液の送液および混合技術を組み合わせて最適化したセル設計により、最高品質のデータを確実に得ることができます。
  • オプションであるHPLCグレードのオートサンプラーは、最大96 サンプルの温度制御付き保存機能を持ち、サンプルをいつでも同じ方法で装置にに注入することができます。
  • ユーザーによりプログラム可能な自動クリーニングのルーチンにより、測定間のコンタミネーションの可能性が削除されます。

得られるパラメーター: 結合親和性、化学量論(結合率)、結合の有利性と特異性、熱力学的駆動力(エンタルピーとエントロピー)、構造活性相関(SAR)、酵素反応速度論、臨界ミセル濃度、二量体分離。

Nano ITCは、有機溶液中の結合現象を分析するため、最高の感度と柔軟性を提供するように設計されています。Nano ITCは、1測定で結合親和性、結合特異性、結合率(化学量論)を定量します!

  • サンプルサイズに合わせて、標準容量(1 mL)または低容量(190 µL)の装置が選択可能です。
  • 最適化されたセル設計により、攪拌効率が最大になり「デッドゾーン」や気泡が除去されるため、正確な測定を確実に実行することができます。
  • 高精度の注入器と取り外し可能なシリンジにより、滴定液が正確に送液され、素早く、信頼のおけるロードと徹底的なクリーニングが可能になります。

得られるパラメーター: 結合親和性、化学量論(結合率)、結合の有利性と特異性、熱力学的駆動力(エンタルピーとエントロピー)

機械試験

特別価格の機械分析装置/疲労試験機で研究予算を最大限に活用

ElectroForce All Instruments

機械的試験装置とアプリケーション

Aerospace
Aerospace
Automotive
Automotive
Battery Testing
Battery Testing
Biomaterials
Biomaterials
Composites
Composites
Elastomers
Elastomers
Electronics
Electronics
Medical Devices
Medical Devices
Polymers
Polymers

DMA 3200は、特許取得済みのElectroForce線形モーターテクノロジーを搭載し、単一の装置で優れた性能を実現します。この独自のモーターテクノロジーは、強力な希土類磁石と摩擦レスの屈曲サスペンションを組み合わせることで、広範囲の周波数と振幅においても荷重と変位を正確に制御することができます。

DMA 3200のモーターは、最大500 Nの荷重出力と1ミクロンから13 mmの範囲の変位制御を行います。試験は静的モードと動的モードの両方で実施できます。

Maximum Force: 500 N

得られるパラメーター:粘弾性材料の複雑弾性率、E*、貯蔵損失弾性率および損失弾性率(E’、& E”)、および 減衰(tan δ)、分子運動の検出、構造‐特性関係の決定。疲労性能のためのS-N曲線を含むヤング率および材料強度のパラメータ。

ElectroForce® 3200 Series III試験装置は、最大で225 N(オプションで450 N)の荷重を提供します。静止状態から300 Hzまで測定可能な汎用卓上型装置は、ねじり試験、動的荷重下のクリープ、特殊な環境(高温/低温室)など、さまざまな生物医学研究や特殊な材料の試験に対応可能です。

Force Range 3220: 0.002 N – 225 N

Force Range 3230: 0.002 N – 450 N

得られるパラメーター: 疲労性能評価のためのS-N曲線を含むヤング率および材料強度のパラメータ。

ElectroForce 3300 Series III装置は、材料、組成、装置の長期耐久性試験や、材料および生体材料を評価するASTMおよびISO規格など、多様な試験に適しています。

ElectroForce 3300シリーズには、2種類のモデルがあります。ElectroForce 3310は1000 Nの最大荷重を、ElectroForce 3330は3000 Nを提供します。どちらのモデルも卓上型または床置き型のフレームが選べます。床置き型フレームでは、ねじりまたはストローク延長モーターのいずれかを追加して機能を拡大することが可能です。いずれの構成でも、1日あたり1サイクル(または静止試験)から最大100 Hzまでの範囲の試験を実施可能です。お客様の試験ニーズに合わせて適切な荷重範囲とフレーム構成をご選択ください。

Force Range 3330: 0.2 N – 3000 N

Force Range 3310: 0.02 N – 1000  N

得られるパラメーター: 疲労性能評価のためのS-N曲線を含むヤング率および材料強度のパラメータ。

ElectroForce平面二軸試験機は、材料や軟組織の特性評価において優れた性能を示します。この装置は、ウェアラブルセンサーや創傷修復メッシュなどの特殊なデバイスから、皮膚、心膜、心臓弁リーフレットなどの体組織まで、サンプル中の異方性や応力‐歪みの関係を評価することができます。この装置は、2つor 4つのElectroForceリニアモーターを水平のベースプレートに設置し、各引張軸の1方向or 2方向の引張機能を構成することが可能です。Force Range: 0.002 N – 200 N

得られるパラメーター: シート様サンプルまたは組織の異方性測定を含む、ヤング率などの機械特性 。

Laser Flash

特別価格のマイクロカロリーメーターで研究予算を最大限活用できます。

Aerospace
Aerospace
Automotive
Automotive
Battery Testing
Battery Testing
Ceramics
Ceramics
Composites
Composites
Electronics
Electronics
Circle-application-Metal Products
Metal Products
Polymers
Polymers

Discovery Laser Flash DLF 1200は、室温から1200˚Cまでの材料の熱拡散率、熱伝導率、比熱容量を測定できる小型の卓上装置です。独自設計のレーザー光源は17Jのエネルギーを照射し、最も過酷な条件下でサンプルを評価することができます。4つのサンプルをセット可能なトレイ設計により生産性を高めています。レーザーパルス光源を備えた唯一の卓上型ライトフラッシュ装置で、同種装置のキセノン光源装置を上回る精度、正確度、機能を強化します。

 

温度範囲: 室温 ~ 1200°C

アカデミックサポートプラン

使用頻度やオペレーターの経験に関わらず、装置が円滑に稼働し続けることは非常に重要です。TAのアカデミックサポートプランでは、最低限のコストで幅広いサービストラブルの保証を行います。このサービスプランでは、装置の維持に関わるコストの削減、修理完了までの時間の短縮、製品の寿命の最大化を目的としております。

その他の特典:

  • 定期開催の理論およびアプリケーショントレーニングコース受講無料
  • 消耗品は10%割引

開始するには弊社にご連絡ください

*セール期間は2024年12月13日までです。一部のモジュール、付属品、OEM製品は対象外です。本ページの価格はUSD(米ドル)建てで表示されています。海外発注は、現地通貨建てで同じ割引比率が適用されます。オファーは北米、欧州、ブラジルのTA Instrumentsからの直販にのみ適用されます。詳細は地域のTA Instruments担当者にお問い合わせください。