熱伝導率測定装置を見る アプリケーション お問い合わせ

熱伝導率は熱を伝達する材料のパラメーターのひとつであり、熱拡散率は熱伝達率を測定します。これらの熱物性測定は比熱容量と共に、材料の貯蔵および伝熱能力に関する包括的な情報を提供します。熱伝達特性の正確な測定は絶縁、伝導、温度変化に耐える必要のある材料にとって重要です。

熱伝導率、熱拡散性、比熱容量の熱物性は熱流計およびレーザーフラッシュ (またはライトフラッシュ) 分析装置を用いて評価できます。ポリマー、複合材料、セラミック、耐火物を含む断熱材料および建築材料の熱伝導率は一般的には熱流計で測定されます。レーザーおよびライトフラッシュ分析装置は広範囲の試験条件にわたり、優れた精度で、多様な材料のアレイの3つの特性すべての評価に使用できます。熱エネルギー貯蔵および伝達の測定は材料組成、純度、構造、性能特性に関する包括的な熱伝達モデリングと重要な情報により、材料の選択と製品設計のすべての段階を強化します。

TAインスツルメントは幅広い材料と温度の熱伝導特性を高い精度、正確度で測定する非常に広範で包括的な装置を提供します。DTC 300およびFOXシリーズを含むTA熱流計は多数のASTM、ISOおよびEN標準法に従って設計された低~中導電性材料の熱伝導率の直接測定を提供します。Discovery Flash Diffusivity装置は-150℃~2800℃の温度範囲で中~高導電性材料の熱拡散率と比熱容量を測定するように設計されています。TA インスツルメントの多様な熱流計およびレーザーフラッシュ分析装置はあらゆる温度で材料を試験するというお客様の期待を超えるように設計されています。

新しいDLF1600の機能をご覧ください

アプリケーション

  • null

    航空機

  • null

    自動車

  • null

    電池および電池材料

  • null

    セラミックス

  • null
    複合材
  • null

    建設

  • null
    電子・その他電気製品
  • null

    金属製品

  • null

    ポリマー

熱伝導率および熱拡散率分析装置を見る