熱膨張率測定装置を見る アプリケーション お問い合わせ

熱膨張率測定装置は温度の関数として材料の寸法変化を測定するための精密機器です。熱膨張率測定は従来のセラミックや高度なセラミック、ガラス、金属、ポリマーなど広範囲の材料のテストに使用されます。膨張率測定は線形熱膨張、熱膨張係数、焼結温度、収縮ステップ、相転移、密度変化、軟化点および分解温度、異方性挙動、およびガラス転移温度など種々の測定を提供します。

膨張計はプッシュロッドまたは非接触光学CCDセンサーによる機械的接触を介して寸法変化を測定します。膨張はファーナスが加熱、冷却、等温に保たれると、サンプルの線形寸法変化(膨張または収縮)が、高精度の変位検出システムによって測定されます。測定精度はサンプルの剛性、剛性の変化、寸法変化の大きさ、必要とされる温度範囲または速度、またはサンプル形状の不規則性など、多数のサンプル固有の要因によって影響される可能性があります。これにより光学的非接触デバイスまたは機械的接触デバイスのいずれかを選択することが重要です。

単一の膨張計ではこのような幅広い材料および材料特性測定のテスト要件を効果的かつ正確に満たすことはできません。TA インスツルメントのみが、水平、垂直、光学膨張計の完全な製品ラインを提供し、すべての試験ニーズを満たしています。当社の材料試験の専門知識とグローバルなサポートにより、お客様独自のアプリケーションに適した膨張計を提供します。

新しいODP 868の機能をご覧ください

装置カテゴリー

アプリケーション

  • null

    航空機

  • null

    セラミックス

  • null

    複合材

  • null

    エラストマー

  • null
    電子・その他電気製品
  • null

    ガラス製品

  • null
    無機化学製品
  • null

    金属製品

  • null

    ポリマー

熱膨張率測定装置を見る

熱膨張率測定の詳細については弊社にお問い合わせください。