SDT 650

同時熱分析装置
DSC/TGAシステムは、純度の高いリアルタイムな同時熱流と重量データを同時に提供します。

カタログを見る お問い合わせ

TAインスツルメントは、世界最高品質の同時熱分析DSC/TGA装置、Discovery SDT 650を発表します。高度なエンジニアリングと細部へのこだわりによって、あらゆるパフォーマンスを強化し、新次元のユーザー体験を実現します。オートサンプラーをオプションで利用できるDiscovery SDTは、お客様のニーズを満たし、期待以上の成果を実現します。

特長とメリット:
• 優れた熱流と重量測定を行う水平デュアルビーム設計
• 競合システムの生産性を大きく凌ぐデュアルサンプルTGAモード
• 卓越したベースライン平坦度、感度、分解能を提供する超低ドリフトバランス設計
• 最適な比熱容量の決定を行うモジュール型DSC®(MDSC®)
• 重複重量損失の最適な分離を行うHi-Res™ TGA
• 反応速度の生産性を高めるモジュール型TGA™(MTGA™)
• トレイポジションをプログラムできる信頼性の高いリニアオートサンプラーで、安心の24時間365日稼働、柔軟性の高い実験プログラム、自動キャリブレーション・検証ルーティンを実現
• 新しい画期的な「アプリ形式」のタッチスクリーンで装置の機能をOne-Touch-Away™式のワンタッチで実行。今までにない簡単操作で、優れたデータを取得可能

適合規格

  • モジュール型DSC(Modulated DSC®)
  • Hi-Res TGA™
  • モジュール型TGA™
  • デュアルサンプルモード
  • 自動段階的TGA
  • カラーアプリスタイルタッチスクリーン
  • EGAファーナス機能
  • 二重入力ガスデリバリーマニフォールド
  • 温度キャリブレーションキュリー点(ASTM E1582)
  • 温度キャリブレーション融解点基準

オプション

  • 30位置オートサンプラー
  • 4ガス混合モジュール
  • TGA/MSオペレーション
  • TGA/FTIRオペレーション

仕様

温度範囲 室温~1500℃
温度正確度 ±0.5 °C
加熱速度範囲(線形) 0.1~ 100℃/分
熱量測定の正確性/精密性 ±2%(金属本位制による)
熱容量正確性 ±5%
サンプル重量容量 200 mg
重量測定の正確度 ±0.5%
重量測定の精度 ±0.1%
重量ベースラインドリフト[1] <50µg~1000℃および<50µg 1000~1500℃
真空 50 µTorr

[1] ベースライン補正なし

  • 水平デュアルビーム熱天秤
  • 迅速かつ容易なビーム交換
  • 多機能かつ耐久性の高いファーナス
  • 雰囲気制御
  • 信頼性の高い自動化
  • “「アプリ」スタイルのタッチスクリーン
  • モジュール型DSC<sup>®</sup>
  • Hi-Res™ TGA
  • モジュール型TGA™

水平デュアルビーム熱天秤

新しいすべてのDiscovery SDTの主要部には、TA独自の水平デュアルビーム熱天秤が搭載されています。セラミック製のビーム内に統合された熱電対設計が、サンプル、参照、示差温度の直接測定を可能にします。競合製品の設計では、ベースライン補正やその他の試験後操作によりデータの改善が必要ですが、SDT 650は、それらをの操作をしなくても最適なDSCおよびTGA性能を提供できます。重量ドリフト、感度、同時熱分析DSC/TGA測定においては、他社を寄せ付けない革新的な新しいSDTです.

水平デュアルビーム熱天秤の特長とメリット:

  • 超低ドリフトバランス設計により、最小レベルの重量変化でも正確な検出を保証します
  • 同時熱分析TGA/TGA – TA独自のデュアルサンプルモードは、2つのサンプルで独立したTGA測定を行います。この新機能は実験の生産性を効果的に倍増させます.
  • デュアルビーム設計により、シングルビーム設計よりも優れた熱流測定を行うことができます.
  • ポップアップビームを統合したクイックコネクトビーム設計により、ネジを回すだけで簡単にビームを調節することができ、使いやすさと最大限の生産性を保証します.

迅速かつ容易なビーム交換がアップタイムの最大化を保証

 

多機能かつ耐久性の高いファーナスが、長寿命を保証

すべてのシステムにおけるすべてのファーナスは、高性能のDSC/TGA測定を実現するために、TAにより特別に設計・製造されています。耐久性の高い水平方向ファーナスにより、競合システムをはるかに凌ぐ優れた温度均一性を保証します.

周囲温度(室温)から1500℃までの温度範囲と幅広い加熱速度により、実験計画における柔軟性を最大化します.

  • 水平設計により、競合システムでは必要となる煙突効果が不要となり、優れた発生ガス分析結果を提供します.
  • 40分以内に温度を1500℃から100℃まで冷却し、迅速なサンプルターンアラウンドを実現します.

すべてのTAのファーナスには、業界最長クラスの5年間の保証を設けています

最も効率的なサンプル/雰囲気相互作用

Discovery SDTは、優れた雰囲気制御を搭載しているため、条件の厳しい用途に対応することができます。不活性雰囲気の維持、酸化パージへの切り替え、または高真空をの維持など、Discovery SDTはあらゆるタスクに対応します.

雰囲気制御の特長とメリット:

  • 革新的なガスデリバリーマニフォールド設計は、チューブ接続およびハードウェア接続からの潜在的な漏れポイントを排除し、高い一貫性と再現性可能な雰囲気を保証します。
  • 動的または反応性の雰囲気を必要とする実験向けの統合ソフトウェア制御ガススイッチング
  • 新しいガス混合モジュールを使用すると、柔軟な要求の厳しい用途に対応するための、制御されたガススイッチングおよび混合機能を使用した4つのガスの追加入力が可能になります。
  • 独立したバランスとサンプルパージが効率的なガススイッチングを保証するとともに、パージ回数を最小限に抑えます。
  • 最適なガスおよびサンプル相互反応の水平パージと、優れた発生ガス分析
  • 不活性、無酸素雰囲気を提供する真空気密

信頼性の高い自動化

新しいDiscovery SDTは、生産性を最大限高めるために設計された、当社の30位置のオートサンプラーを搭載しています。実績に裏打ちされたDiscovery DSCの設計に基づいて作られたこれらの堅牢性の高いオートサンプラーは、当社の工場における徹底したサイクル試験を受けており、安全な稼働を保証します.

オートサンプラーの特長とメリット:

  • スケジュール設定された自動実験、キャリブレーション、検証作業により、科学者は研究に集中して従事することができます。
  • 革新的なデュアルサンプルモードにより、従来のTGA測定に比べてサンプルスループットを倍増させます。
  • 新しいTRIOSソフトウェアを使用することで、大きく、かつ多様なサンプルキューの管理と実行が簡素化されます。設計ビューと実行キューにより、素早く効率的なオートサンプラーのプログラミングが可能です。
  • 最高の柔軟性を誇り、サンプルと参照パンは、30種類のポジションのどの組み合わせにも割り当てることができます。

「アプリ」スタイルのタッチスクリーン

タッチスクリーンの特長とメリット:

  • 見やすく、使いやすい人間工学に基づいた設計
  • 操作を簡素化し、ユーザーエクスペリエンスを向上する機能を満載アプリスタイルのタッチスクリーン:
    • スタート/ストップ
    • 試験および装置のステータス
    • リアルタイムな信号
    • リアルタイムなプロット
    • アクティブメソッドビュー
    • 高度なメソッドセグメント
    • オートサンプラーキャリブレーション
    • ロード/アンロードおよびパンの風袋引き
    • システム情報

アプリスタイルのタッチスクリーン、強力な新しいTRIOSソフトウェア、自動キャリブレーションと検証ルーティンを備えた堅牢かつ信頼性の高いオートサンプラーがシームレスに連動し、ラボのワークフローや生産性を劇的に向上します.

これまでになく容易に優れたデータを取得できます!

材料をより深く分析

TAのモジュール型DSCは、従来の線形ランプに代わる正弦温度振動計です。DSC/TGA装置に対するこのモジュール型DSCの最大の特徴は、1回の実行で比熱容量(Cp)の直接測定を行うことができることです。MDSCを創造したTAは、誰よりもその特性を理解しています。モジュール型DSC(Modulated DSC®)は、すべてのDiscovery SDTモデルの標準です.

MDSCのメリット:

  • 1回の実行で比熱容量の直接測定を行います.
  • 正確性と再現性の高い測定により、最大1500℃の比熱容量の測定が可能です.
  • 一定温度で比熱容量の変化を測定することで、時間の経過に伴う構造変化を確認できます.

Hi-Res™ TGA

Hi-Res TGAでは、加熱速度は、サンプルの分解速度によって制御されます。SDT 650の設計はこれらの測定に適しており、高精度温度制御用の応答が早いファーナス、および、小さな重量変更でもすぐに検出できる高感度熱天秤を備えています.

Hi-Res TGAのメリット:

  • 基板と重複重量損失の分離.
  • より優れた分解能による生産性の向上.
  • 高温度範囲の高速調査を優れた分解能で実現.
  • シンプルなメソッドのセットアップ.

モジュール型TGA™

TAの特許取得済みのMTGA™も、材料分解研究で役立つTAインスツルメントのイノベーションの1つです。Hi-Res TGAおよびMDSCによって使用される独自のヒーター制御技術によって開発されたMTGAは、モデルフリーの動的データを生成します。活性化エネルギーは、リアルタイムで計算され、時間、温度、および変換の関数として研究できます.

MTGA TGAのメリット:

  • 力学を研究するための生産性の向上.
  • モデルフリーの動的データ.
  • Hi-Resと一緒に組み合わせて重複重量損失の分離を改善.
  • 活性化エネルギーの直接測定.

  • 発生ガス分析
  • Discovery Mass分析計

発生ガス分析

発生ガス分析は、SDTまたはTGA測定により発生したガス生成物の定性的研究に関わります。これらの生成物は、一般的に分解の結果として産出されるものですが、脱着、揮発または化学反応が原因で起こる場合もあります。発生ガス分析は、通常、ファーナスの排気ポートに質量分析計(MS)またはフーリエ変換赤外分光度計(FTIR)を接続することにより行われます。加熱されたトランスファーラインを使用することにより、発生ガスの蒸気がMSまたはFTIRに送られ、組成分析がリアルタイムで実行されます。TAインスツルメントでは、加熱キャピラリーインターフェース付属の質量数300 amuのベンチトップ四重極質量分析計、および各機種専用のインターフェースキットを提供しています。様々なFTIRメーカーからも、当社SDT用のガスセルやインターフェースを購入できます.

Discovery SDTは、発生ガス分析の研究用として理想的なプラットフォームです。サンプルへの水平パージストリームおよび排出ポートへの短い経路により、ファーナス内のデッドボリュームを排除し、生成物の希釈を減らし、EGA感度を最適化します

TAインスツルメントのTRIOSソフトウェアは、MS(トレンド分析)およびFTIRデータ(グラム・シュミットおよびケミグラムの再構成)のインポートをサポートしており、DSC/TGAおよびEGAデータを温度および/または時間の共通軸上に表示させることができます

EGAの特長とメリット:

  • 分解生成物の特定.
  • DSC/TGAスキャン中の反応の解釈に関する付加的な情報.
  • 実験前・実験中のファーナス雰囲気の厳密な制御.

EGA分析用Discovery SDTの設計上の特長とメリット:

  • 感度を最適化するサンプルへの水平パージストリーム.
  • デッドボリュームを排除し、希釈を減らす低容量ファーナス.
  • MSまたはFTIRデータをインポートしてデータ解釈を改善させる強力なTRIOSソフトウェア.

Discovery Mass分析計

Discovery MSは、発生ガス分析のために設計・最適化されたベンチトップ四重極質量分析計です。TGAファーナスからのオフガスの効率的な移送、 迅速な検出のために構成された業界標準技術を特徴としてます。クローズド型イオン源、トリプルマスフィルター、およびデュアル(ファラデーおよび二次電子増倍管)検出器システムを含む、当社の最先端四重極検出システムにより、10億分の1(ppb)の感度が保証されています。この分析計構成は、感度および長期的性能安定性を最適化するよう選択されています.

実験パラメータの制御および質量スペクトルデータの分析は、レシピを用いた使いやすいソフトウェアインターフェースで行うことができます。データ収集はTGAソフトウェアから直接開始させることができ、結果のMSデータは対応するTGA結果と組み合わせて、直接オーバーレイや比較を行うことができます

パラメーター 性能
質量範囲 1-300
質量分解能 >0.5 amu
感度 < 100 ppb (気体によって異なる)
イオン源 電子イオン化
検出器システム デュアル(ファラデーおよび二次電子増倍管)
サンプル圧力 1 atm (公称)
データ収集モード 棒グラフおよびピークジャンプ
スキャン速度
棒グラフモード >50 amu/s
ピークジャンプモード >64 channel/s
トランスファーライン温度 300 °C (固定)
トランスファーライン 1.8 m、柔軟性あり
フィラメント デュアル、ユーザー交換可能
キャピラリー ステンレススチール、交換可能
キャピラリー寸法 I.D. = 0.22 mm
入力 TGAトリガー制御のデータ収集

SDT 650フォトギャラリ