Q400

Q400

Q400は広い温度範囲で高感度の機械的測定を行います。

カタログを見る TMAアクセサリ お問い合わせ

Q400は熱分析における世界トップクラスの企業が開発した第6世代の製品です。性能、使いやすさ、信頼性が、幅広い温度範囲において高感度な機械測定を行う新しい装置を設計する上での長年の経験を実証しています。

Q400EMは業界標準の研究グレード熱機械分析装置 (TMA) であり、動作モード、試験プローブ、フィクスチャー、利用可能な信号において、比類の無い柔軟性を発揮します。0400EM エンハンストモードでは、複素弾性率、貯蔵弾性率、損失弾性率を測定するための動的実験、および、変位の反転および非反転コンポーネントが利用できるモジュレイテッドTMA™が可能です。研究、教育、品質管理アプリケーションに適した比類の無い性能を備えています。

 

温度範囲 (最高) -150~1,000 ℃
温度精度 ±1 ℃
ファーナス冷却時間 (空冷) <10g分 (600 °Cから50°C)
最大サンプルサイズ – 固定 26 mm (L) x 10 mm (D)
最大サンプルサイズ – 薄膜/繊維のスタティックオペレーション 26 mm (L) x 1.0 mm (T) x 4.7 mm (W)
ダイナミックオペレーション (Q400 EMのみ) 26 mm (1.) x .35 mm (T) x 4.7 mm (W)
測定精度 ±0.1 °A
感度 15 nm
変位分解能 <0.5 nm
ダイナミックベースラインドリフト <1 pm (-100 ~ 500 °C)
荷重範囲 0.001~2 N
荷重分解能 0.001 N
周波数 (Q400 EMのみ) 0.01~2 Hz
質量流量制御 付属
雰囲気 (スタティックまたは制御フロー) 不活性酸化または反応性ガス
標準 付属
応力/ひずみ (Q400 EMのみ) 付属
クリープ (Q400 EMのみ) 付属
応力緩和 (Q400 EMのみ) 付属
ダイナミックTMA (DTMA) (Q400 EMのみ) 付属
モジュレイテッドTMATm (MTMAN (Q400 EMのみ) 付属
  • Furnace
  • サンプルチャンバー
  • フォースモーター
  • トランスデューサ

Q400 1

ファーナス

  • ソフトウェア制御の垂直方向移動
  • 高い正確度と精度で温度と加熱速度を制御するための高性能設計
  • 冷却リザーバーによってパッシブ (LN2) 冷却、または機械的冷却が可能
  • 頑丈な設計で長寿命を保証

Q400 2

サンプルチャンバー

  • 容易にサンプルをロードし、プローブを配置するための開放形アーキテクチャ
  • パージガス流量はデジタルマスフローコントローラーによって高精度に測定可能
  • サンプル熱電対は柔軟で、最適な温度測定が可能な位置に配置可能

Q400 3

フォースモーター

  • コンプライアンスが低く非常に高い荷重制御に使用する非接触式で摩擦の無いモーター
  • 幅広い荷重範囲 (0.001 ~ 2N)
  • ソフトウェアプログラム可能な荷重

Q400 4

トランスデューサー

  • 可動式コアの線形可変差動変圧器 (LVDT) は寸法変化に比例する正確性の高い出力信号を発生させる
  • 幅広い温度範囲で信頼性のある反応
  • 温度勾配の効果を除去するためファーナスの下に配置

 

 

 

 

 

 

  • 標準(Q400/Q400EM)
  • 応力/ひずみ (Q400EM)
  • ダイナミック TMA モード (Q400EM)
  • モジュレイテッド TMA モード (400EM)

1

標準 (Q400/Q400EM)

  • 一定荷重、昇温
  • 熱膨張係数 (CTE) の測定
  • 荷重たわみ温度 (DTUL) の測定
  • 材料の軟化点を測定

2

応力/ひずみ (Q400EM)

  • 応力 (またはひずみ) のランプ、合成応力 (またはひずみ) の測定
  • 小張力試験モード
  • 弾性率を計算
  • 降伏応力を決定

3

クリープおよび応力緩和 (Q400EM)

  • 過渡試験モード
  • 応力 (またはひずみ) は一定時間、不変に保たれる
  • 変形/復元特性 (クリープ) の決定
  • 緩和係数と時間の関係 (応力緩和) の決定
  • 材料特性を予測する優れたツール

4

動的TMAモード (Q400EM)

  • DMA試験モード
  • サンプルに正弦波荷重を適用
  • ひずみと正弦波位相差 (d) が測定される
  • 貯蔵弾性率 (E’)、損失弾性率 (E”)、tan δは温度、時間、または応力の関数

5

モジュレイテッドTMAモード (400EM)

  • サンプルに正弦波温度変調を適用
  • 寸法変化の反転および非反転コンポーネントの計算
  • 非反転コンポーネントは小さいガラス遷移の検出に役立つ
  • 非反転コンポーネントには応力緩和と他の運動プロセスが含まれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 圧縮
  • 膨張
  • 針入
  • 3点曲げ
  • 引張り

1圧縮

  • サンプルは2つの並行プレート間で測定される
  • サンプルは静的、リニア昇温、または動的荷重を受ける
  • 温度は昇温制御されるか、一定に保持される
  • 優れた汎用モード
  • 圧縮弾性率の測定

2膨張

  • サンプルは平面状または半球状のプローブを使用して平面のステージ上で測定される
  • 熱膨張係数 (CTE) の決定
  • ガラス遷移 (Tg) の測定

3針入

  • 延長チッププローブを使用
  • サンプル上の高応力を促進
  • 軟化温度Tgおよび融解の高精度測定
  • 基板から除去することなくコーティングを測定

43点曲げ

  • 屈曲とも呼ばれる
  • サンプルは端で支えられ、中央で曲がる
  • クランプ効果が除去されるため、基本的に純粋な変形を示す
  • 主に剛性材料、および、温度変形測定に使用される
  • 動的測定に利用できる特殊な低摩擦金属製アンビル

5引張り

  • 主に薄膜と繊維に使用される
  • CTE、Tg、軟化温度、硬度、クロスリンク、収縮荷重を測定
  • 小張力試験を提供
  • 粘弾性 (例: E’、E”、tanδ)