動的機械分析アクセサリ

空気冷却システム3

ACS3-full新しい空気冷却システム (ACS-3) は、独自の気流冷却システムです。3段階のカスケードコンプレッサー設計を備え、-100℃もの低温での試験を可能にします。この柔軟な空気冷却システムは、DMA Q800、ETCを搭載したすべてのDHRレオメーターモデル、FCOを搭載したARES-G2レオメーターおよびRSA-G2ソリッドアナライザーに利用できます。ACS-3によって、液体窒素の使用と、実験室の関連する危険性を減らし、2~3年の予想投資収益率を改善できます。

窒素パージ冷却装置

NitroPurgeCooler

窒素パージ冷却装置 (NPC) はQ800 DMAでの低温温度試験に代わる革新的な方法です。NPCはすべての試験ジオメトリについて、-160℃もの低温におけるクラッシュ冷却と制御加熱を提供します。また、連続した実験の間のクールダウン時間を最低限に抑える場合に最適な選択肢です。熱交換器を備えた2.5 Lの液体窒素充填デュワーが窒素ガス (2 bar~8 bar、30 LPM) をQ800オーブンへ供給する前に冷却します。NPCは冷却機能を必要とする研究所に適した小さく、経済的で、効果的な選択肢です。

DMA-RH

dma-rh

DMA-RHアクセサリを利用することで、相対湿度と温度に関する制御された条件、変動する条件下でサンプルの機械的特性を分析できます。Q800動的機械分析装置に使用するために設計されています。

DMA-RHアクセサリは完全一体型ユニットであり、次のハードウェアコンポーネントが含まれます。

  1. サンプルチャンバーは標準ファーナスにあるDMAに取り付けられます。チャンバーのペルチェ素子は+/-0.1℃の精度で温度を制御します。サンプルチャンバーは標準DMAクランプ (引張、カンチレバー、3点曲げ) を格納します。標準DMAファーナスへ変更するため、迅速に取り外すことができます。
  2. 加熱蒸気輸送ラインは、結露を防止して正確な結果を得るために、加湿気体の露点より高い温度で維持されます。
  3. DMA-RHアクセサリには、サンプルチャンバーの温度と湿度を連続的に監視、制御する加湿器と電子装置が含まれます。

エアコンプレッサーアクセサリ

Q800はドライブシャフを支持するためにエアベアリングを使用します。エアベアリングは、通常は一元化された供給源から送られる、清潔で乾燥した圧縮空気または窒素を使用します。これが不可能な場合、エアコンプレッサーアクセサリ (ACA) を利用できます。内蔵型のエアコンプレッサーがエアベアリングに必要な清潔で乾燥した空気を供給します。

気体冷却アクセサリ

DMA-GCA

気体冷却アクセサリ (GCA) では、Q800 DMAの動作範囲が室温未満に拡大されています。GCAは制御された液体窒素の加熱から発生した冷たい窒素を使用します。GCAタンクの自動充填が発生するタイミングを、スキャン完了後、または測定中に設定できます。測定中に自動で充填する機能は、 時間温度スーパーポジション (TTS) のデータを生成する場合などに必要となることが多い、長期間のDMA実験に適しています。

アクセサリキット

Q800に付属する標準アクセサリキットは、オペレーションに必要なツールと較正物質をすべて提供します。キットには、大部分の一般的なアプリケーションに使用できる35 mmのデュアル/シングルカンチレバークランプが含まれます。サンプル寸法を正確に測定するための高精度デジタルノギスが付属しています。サンプルをマウントするとき、正確で再現性のあるトルクをサンプルクランプの取り付けねじに加える必要があるため、トルクレンチが付属しています。最後に、試験装置の較正のために、各種較正サンプルが付属しています。

Q800浸透可能クランプキット

submergeDMA800一部のDMAアプリケーションでは、サンプルを液体に浸した状態で測定する必要があります。浸漬可能なバージョンでは薄膜引張および圧縮クランプが利用可能です。クランプは使いやすく、最大80℃の液体中で使用できます。キットには必要なツールと較正サンプルがすべて含まれます。

Q800クランプキット

dma800clamps

Q800は中実軸、エラストマー、軟質フォーム、薄膜、ファイバーの特性評価に必要となる主な変形モードをすべて提供します。変形モードには、曲げ (シングル/デュアルカンチレバー、3点曲げ)、剪断、圧縮、引張が含まれます。

  • シングル/デュアルカンチレバーの曲げ
  • 3点曲げ
  • 剪断
  • 圧縮
  • フィルム張力
  • 繊維張力

さらに、水中用の圧縮および張力クランプを利用できます。