加熱顕微鏡

加熱顕微鏡は産業用焼成処理を再現する熱処理を受ける検体の高度画像分析をベースとした非接触式の技術であり、セラミックス、金属、合金の製造プロセスを最適化するため、多くの特徴的形状、関連する温度キーを特定します。

システムが自動的に特定できる特性温度には、焼成の開始、軟化、球状、半球、融解/融合の温度が含まれます。TAインスツルメントの最新画像解析ソフトウェアであるMorphometrixは、平坦化曲線、接触角曲線、サンプルエリア変動曲線、幅と高さの比率曲線、膨張効果、燃焼、理論ガラス粘度 (V.F.T. 方程式)、ヤング・ラプラスの式を利用した表面張力 (ガラス) を決定することもできます。

ファーナスとアクセサリ

加熱顕微鏡