測定システム

測定システムはサンプルチューブ、ベアリング、プッシュロッドから構成されます。2つの可動サンプルベアリング (最先端) により、チューブ内におけるサンプルの確実な摩擦のないポジショニングを保証します。調査時の超高温を考慮すると、サンプルと測定システムあいだの化学的、物理的相互作用を防止するために十分な配慮が必要です。そのため、関連する温度範囲、および、サンプルの反応性に基づいて、複数の金属タイプが使用されます。

測定システム表

石英ガラス -160℃ ~ 1,100℃
サファイア 20℃ ~ 1,750℃
Al2O3 20℃ ~ 1,750℃
タングステン 20℃ ~ 2,000℃
グラファイト 20℃ ~ 2,400℃

container-300x193

ペーストや液体の測定に用いる石英ガラス、AL2O3、サファイア、グラファイト製のコンテナ。特殊な評価ソフトウェアが容器とサンプルの容積差、および死容積を修正します。

温度の正確な測定は膨張率測定の実験に不可欠です。熱電対はサンプルに近接していて、代表的な場所に置かれる必要があります。ただし、金属の接触は避ける必要があります。熱電対の素子が多くの金属と合金になり、試験検体に拡散する可能性があるためです。TAインスツルメントの膨張計は関心のある温度範囲に適した高品質熱電対を利用し、各実験で非常に正確な測定を可能にする熱電対の位置決めにおける柔軟性を提供します。

熱電対とパイロメーター

Fe-CuNi (タイプJ) -200℃ ~ 900℃
NiCr-Ni (K型) -200℃ ~ 1,100℃
PtRh10-Pt (S型) 20℃ ~ 1,500℃
PtRh30-PtRh6 (B型) 120℃ ~ 1,750℃
WRe26-WRe5 (C型) 20℃ ~ 2,050℃
2色パイロメーター 900℃ ~ 2,400℃
スペクトルパイロメーター 350℃ ~ 2,000℃