動的粘弾性測定装置

TAインスツルメントより多くのDMAを販売している会社はありません。最新の技術革新を利用し、TAインスツルメントは最高のパフォーマンスで使いやすいDMAをご提供いたします。

動的粘弾性測定は材料の機械的特性を時間、温度、周波数の関数として測定します。基本的な材質特性に加えて、DMAは仕上げ特性を定量化し、加工が最終用途の性能に与える重要な貢献を反映しています。 DMAは、ガラス転移温度および二次転移、処理によって引き起こされる配向、冷結晶化、硬化最適化、複合材料におけるフィラー効果などを測定するために一般的に使用されています。 DMAは、材料の剛性(モジュラス)の正確な尺度を提供するだけでなく、減衰、クリープ、および応力緩和などの他の重要な機械的特性も提供します。

TA インスツルメントは動的粘弾性測定の世界的リーダーであり、2つの最先端の専用DMA装置と、レオメータへの追加のDMA機能を提供しています。 TA インスツルメントのすべての DMA製品は、力と変位の測定、温度制御と精度、装置の剛性、および使い易さにおいて革新的な技術を備えています。

カタログを見る RSA-G2のカタログを見る 連絡先

動的粘弾性測定装置