質の高いデータ取得の戦略

概要

熱分析やレオメータで質の高いデータを生成するには、測定機器や仕様、使用可能な実験方法や設計、適正なサンプル作成の慣行、効果的な分析、情報の表示を理解する必要があります。TA Instrumentsは、測定機器から精度の高い情報を取得するための体系的アプローチ戦略を中心としたトレーニングセミナーを提供します。ビデオを視聴して、スキルを高め、一般的なエラーを防ぐる方法を学びましょう。

対象者

トレーニングセミナーは、熱分析/レオロジー測定機器に精通した科学者、化学者、技術者、管理者を対象に作られています。ここで紹介する情報は、日常的に機器を操作し、使用状況を管理し、あるいは熱/レオロジーデータを業務に利用するユーザーにとって非常に有効です。測定機器の全型式およびモデルのユーザーにメリットのあるトレーニングです。

カテゴリー別のビデオ

  • パート1:測定機器の基礎とサンプル作成
  • パート2:効率的かつ効果的な方法開発
  • パート3:データ削減と表示のヒント

パート1:測定機器の基礎とサンプル作成

このセッションの内容

熱分析機器について理解を深め、信頼性の高いサンプルを準備するための基本要素を学びます。

  • 測定機器のキャリブレーション:DSC、TGA、TMA
  • 測定機器の性能指標、およびサンプル測定との関連性を理解する:融解、ガラス遷移、分解からの例
    • ベースライン性能
    • 感度
    • 精密度、再現性、正確度
  • 意義のある結果を出すためのサンプル作成
    • DSC、TGA、SDTのパン選択
    • サンプル作成のガイドライン

パート2:効率的かつ効果的な方法開発

このセッションの内容

細かく計画し、十分に理解された実験によって収集された時初めて、データは意義のある結果をもたらします。このセッションでは、適切な実験パラメータの選択のガイドラインを紹介し、担当者はどのタイプの実験が最も有効な情報を提供するか(参考になるか)を理解することができます。

  • 基本的な手法開発ガイドライン
    • 温度範囲とサイクル
    • 加熱および冷却速度
    • パージガス
  • 高度な熱分析法
    • 比熱容量
    • モジュール型DSC (MDSC™)
    • HiRes™ TGA
    • MTGA™を含むDSCとTGAによる反応速度
    • 蒸気吸着
    • 質量分析による高度ガス分析

パート3:データ削減と表示のヒント

このセッションの内容

収集された高品質な熱分析データは、効果的な分析、解釈、表示により、質の高い結果を導き出します。

  • 表示
    • ノーマル感度の適正なスケーリング
    • デリバティブを使用して、分析の限界を定義
    • オーバーレイ散布図の有効活用
  • 解釈:構造・特性の相関関係
    • 熱安定性
    • 熱硬化構造開発
    • ガラス遷移
    • アモルファスエージング
    • 結晶化度
  • アーチファクトおよび想定外のイベントの誤解釈を防ぐ
  • 追加ソフトウェアおよびトレーニングリソース

 

  • Part 1: Instrument Fundamentals and Sample Preparation
  • Part 2: Efficient and Effective Method Development
  • Part 3: Tips for Data Reduction and Presentation

Part 1: Instrument Fundamentals and Sample Preparation

IN THIS SESSION

This introductory session will introduce fundamental concepts of rheology and provide specific guidance for preparing the sample and instrument.

  • Rheology Fundamentals: viscosity, modulus, stress, strain, viscoelasticity
  • How a Rheometer Works
  • Appropriate Geometry Selection
  • Understanding Your Material and Preparing a Representative Sample

Part 2: Efficient and Effective Method Development

IN THIS SESSION

The basic experimental types in rheology are generally grouped into three categories: flow, oscillation, and transient tests. Each basic test group is introduced along with specific information to be gained from each test type and guidelines for appropriate experimental design. Emphasis is also paid to the complimentary nature of the test types, and how one might be used to extend the range of information obtained from another.

  • Flow
    • Steady state flow
    • Yield stress measurements
    • Thixotropy
  • Oscillation (Dynamic)
    • Oscillatory Testing: introduction and descriptions
    • Linear Viscoelasticity: definition and motivation
    • General approach to selecting appropriate test parameters
    • Time-dependence
    • Rate-dependence
    • Temperature-dependence and a brief introduction to TTS
  • Transient: Creep and Stress Relaxation

Part 3: Tips for Data Reduction and Presentation

IN THIS SESSION

As with any analytical technique, rheological data should be inspected carefully to avoid misinterpretation. Extreme experimental conditions can lead to errors. Strategies are introduced to show when such errors may be present, how the data can be used to show this, and how to mitigate the undesirable condition.

  • Instrument Inertia
  • Resonance
  • Axial Force
  • Waveform inspection
  • Wall Slip
  • Edge Fracture